野球・ソフトボール用具規則

リトルリーグ(一部抜粋)

使用するボール

使うボールはリトルリーグ仕様および規格を満たしていなければならない。重さが141.7グラムから148.8グラムのもので、周囲が22.9センチから23.5センチ以内のものです。

使用するバット

バットはなめらかな円い棒で、リトルリーグ規格に基づいて試験及び承認された木材または材料、色で作成されたものとする。
リトルリーグ(メジャー部門)以下:
長さは33インチ(83.8cm)以下で、直径は2¼インチ(5.7cm)以下とする。非木製バットの場合、1.15以下のBPF(バット・パフォーマンス・ファクター)値が表示されていなければならない。例外:2011-2012年シーズン、リトルリーグ(メジャー部門)以下では、レギュラーシーズンとトーナメントにおいてリトルリーグ・インターナショナルが認可したもの意外の複合バットの使用は禁止されている。認可されたバットの一覧はリトルリーグのウェブサイト(http://www.littleleague.org/)に掲載されている。

使用するスパイク

金属、くさびのついた靴は使えません。ゴム製くさびのついた靴は使えます。

ヘルメット

ヘルメットは両耳つきのものを1チーム最低7個用意しなければならない。打者、次打者、全走者及びコーチは、このヘルメットを着用すること。成人のベースコーチについては任意とする。

プロテクター

男子選手は全員、アスレチックサポーターを着用しなければならない。
男子の捕手は金属、ファイバーまたはプラスチック製のカップと、ロングタイプまたはショートタイプのチェストプロテクターを着用しなければならない。
女子の捕手は、ロングまたはショートタイプのチェストプロテクターを着用しなければならない。
捕手は全員、襟付プロテクターの他に、スロートガード、レガース、キャッチャーヘルメットを着用しなければならず、それらのすべてはリトルリーグ仕様及び規格を満たしていなければならない。

ユニホーム

チームのフレーヤー全員は、同じ色、仕立て、スタイルの番号のついたユニホームを着用する。公認のリトルリーグ・ワッペンはユニホームの左袖の上部につけなければならない。
監督、コーチは通常のユニホーム及び金属スパイク靴を着用してはならないが、帽子、スラックス、シャツは着用しても差しつかえない。

使用できるミットまたはグラブ

捕手は捕手用ミット(一塁手ミットまたは野手用のグラブとは違う)を使用しなければならない。手を保護できるものであれば形状、サイズ、重さの制限はない。

一塁手は縦(先端から末端まで)が30.5センチ以下、横(親指のまたからグラブの外縁まで)が20.3センチ以下のグラブまたはミットが使える。重さの制限はない。

一塁手と捕手以外の各選手は縦が30.5センチ以下、横(親指からグラブの外縁まで)が19.4センチ以下のグラブを使用できる。重さに制限はない。投手のグラブは縫目、紐、網を含めた全体が一色でなければならない。但し白色または灰色であってはならない。
選手は宝飾品を身につけてはらならい。それはたとえば指輪、時計、イヤリング、ブレスレット、ネックレス、その他の固い装飾具があげられる。この規則は宝飾品等の材質にかかわらず適用される。(例外:医療関係者に特定の状況を通報する装身具は許される。)