用具のお手入れ グラブのお手入れ

【日常のアフターケア】 使用後のケアは必須!オイルの使いすぎに注意!

使用後は、革についた汚れをきれいに落として、全体にオイルを薄く塗って下さい。また、汗をかく夏場は手を入れる裏革部に使うと臭い防止にいいですよ。ただし塗りすぎには要注意!グラブが型くずれを起こしたり、グラブやミットが重くなる、柔らかくなりすぎるなど、かえって寿命を縮めてしまいます。ゲーム直前のオイル使用もプレーに悪影響を与えることがあるので控えて下さい。毎日ではなく、あくまで使用後のお手入れがポイントです。

  • グラブ・ミット全体に付いている汚れを柔らかい布やブラシできれいに落とす。
  • その後、『保革油』を柔らかいスポンジや布に少しつけて全体に塗る。

グラブのにおいを防ぐには、グラブの中を湿らせない事が大切です。使用後は風通しのいい所にグラブを置き、グラブ内部を乾かしてください。また、守備用の手袋を使用すると、手の汗がグラブ本体に付くのを防ぎます。 その他、グラブ・ミット・スパイクについた汗のにおいを防ぐ『グラブフレッシュ』や、汚れを落とすだけでなくにおいのもとである菌を除菌する効果のある『ウエットグラブクリーナー』もご用意しております。