MIZUNO

BADMINTON

株式会社日立情報通信エンジニアリングバドミントン部との契約締結

日立情報通信エンジニアリングバドミントン部との契約締結

ミズノ株式会社は、4月1日より「S/Jリーグ2016-2017シーズン」3位と好成績を残した株式会社日立情報通信エンジニアリングバドミントン部とラケット・ウエア・シューズ・ストリングサプライヤー契約を締結いたしました。 株式会社日立情報通信エンジニアリングバドミントン部の頂点を目指す熱いチャレンジスピリッツと、 ミズノバドミントンの飽くなき商品・サービスへのチャレンジスピリッツが合致、今後、製品に関する改良や開発に対するアドバイスをもらうと共に、ミズノバドミントンだけでなく、ミズノアパレル品の宣伝・広報活動にもご協力頂きます。

▼ユニフォームについて

4月より選手が使用するユニフォームは、選手が最後まで戦い抜くパフォーマンスを最大限に出せるよ うに、肌へのベタつきの要因となる汗を生地裏面(肌に当たる側)に残さず、プレー中でもウエア内を快適な状態に保つ素材を 採用し、さらに、袖の無いノースリーブにすることで、強いスマッシュを打ちやすく、レシーブに素早く反応しやすい設計にしています。

ユニフォームのデザインには、日本の誇りを持って世界に挑んでもらいたい想いから、 日本伝統工芸の建築様式、「欄間(らんま)」のデザインと木目模様をイメージしています。

▼チーム情報

チーム名称: 株式会社日立情報通信エンジニアリングバドミントン部
創部:1991年

▼選手情報

選手名 背番号 使用ラケット 使用シューズ
大嶋 一彰[副主将] 背番号:0 使用ラケット
CALIBER REG
使用シューズ
WAVE FANG SS
高野 将斗 背番号:1 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS
内藤 浩司 背番号:2 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS
竹内 義憲 背番号:3 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS
松居 圭一郎 背番号:4 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS
山村 駿介 背番号:5 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS
塚本 好喜[主将] 背番号:6 使用ラケット
Luminasonic REG
使用シューズ
WAVE FANG SS
山﨑 裕太 背番号:7 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS
丸尾 亮太郎 背番号:9 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS
甲谷 光 背番号:18 使用ラケット
CALIBER VF TOUR
使用シューズ
WAVE FANG SS

▼株式会社日立情報通信エンジニアリングバドミントン部公式サイト

http://www.hitachi-ite.co.jp/company/badminton/team/

  • バドミントン競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ