MIZUNO

BADMINTON

【セノー株式会社】バドミントンの普及に貢献(世界バドミントン連盟の器具認定 を取得)※セノー株式会社は、ミズノのグループ会社です。

se01

セノー株式会社(本社:千葉県松戸市 社長:尾崎徹也)は、 世界バドミントン連盟(BWF:Badminton World Federation)の器具認定を取得しました。

これまで多くの国際大会で採用され、トップアスリート及び関係者に支持されてきた実績が評価されての器具認定取得となります。

これによりセノーは、世界規模のバドミントン大会や、加盟国の協会へ、バドミントン支柱、ネットなどの器具販売のアプローチを行います。

バドミントンの盛んなアジアを中心に販売網の整備を進め、競技スポーツとしてだけでなく、
生涯スポーツや気軽に楽しめる娯楽スポーツとしてBWFと共にバドミントンの普及と発展に貢献していきます。

se02


DG2100 バドミント専用支柱 ¥216,000(消費税込)


内容  :
器具認定

契約期間:
2017年1月1日から2018年12月31日

対象  :
DG2100 バドミントン 専用 支柱 ¥216,000 (消費税込み)
DG2031 兼用支柱 兼用支柱 ¥228,960(消費税込み)
DG8010 ネット ¥11,880(消費税込み)

その他 :
日本バドミントン協会推薦品

(マスコミのお問合せ先)
営業統括推進部 瀬戸口 TEL: TEL:047-385-9110

セノー・インタ-ネット情報は http://www.senoh.jp

※セノー株式会社は、ミズノのグループ会社です。

  • バドミントン競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ